本塾について

ロゴスIES(ロゴス・アイ・イー・エス)とは

1985年、長谷部葉子(現慶應義塾大学環境情報学部准教授)により英語専門塾として創設されました。30年以上にわたり港区のマンションの一室にて学習を通じた「論理的思考力」・「コミュニケーション能力」の向上に取り組んでまいりました。現塾長をはじめ、ほとんどの講師・スタッフがロゴスIESの卒業生であることも現代版「寺子屋」と呼ばれる所以です。現在では英語だけでなく小論文・現代文や数学などの受験指導、小中高への出張講座なども提供する教育機関として発展を続けています。また当塾は、文化庁の教育事業のプログラムや講師の提供も行なっております。

 

 

 

塾長からのご挨拶

ロゴスIESは創立以来30年間、港区の英語塾として東大・早慶を始め生徒一人ひとりの志望校へ向けて高い進学実績を残して参りました。「目標達成のための個別カリキュラム」、「一方通行ではない対話の授業」、教室での「講師の質の高さ」。これらがロゴスIESのこだわりであり、命です。そして対話から生まれる日々の授業から様々な気づきを繰り返し、目標に向かって思う存分取り組むことが、自らの人生をじっくり考えるきっかけになると確信しております。

Logos IES 代表取締役・塾長      大藤 品辰 (Hidetoki Ohtou)

2000年慶應義塾大学環境情報学部卒業。ロゴスIES(10期生)卒業生。教育現場、慶應義塾大学SFC研究所などを経て2006年よりロゴスIES代表。